印鑑の意味と重要性

印鑑の意味と重要性

日本国内では、銀行で口座を開設する時や、各種の契約を終結する際には印鑑が必要になります。
これは、印鑑には署名と同じ意味を持っているためだけではなく、それ以上の重要性があるからです。
日本には、市町村役場などで実印を登録するシステムがあり、その実印というのは法的な価値がありますから、契約書などに印鑑を押した際には重要性のある書面として認識されます。
印鑑の持つ意味というのは、本人が契約をしたという証拠となるものですから、直筆のサインと同等かそれ以上の価値を持ったものになります。
特に、市町村役場に登録してある実印は、その価値が高いと言えます。
ですから、取り扱いには細心の注意を払う必要があり、むやみに実印を押すことは避けなければなりません。
契約の時だけではなく、市町村役場での住所変更や住民票の申請、その他にも運転免許証の更新などでも必要なものになりますから、重要性のあるものだということがわかります。

印鑑の文化圏と歴史

大切な役割を持っている印鑑の歴史は、とても古いです。
印鑑の文化圏と歴史は、あまり知られていません。
日本最古の印は、国宝に指定されている金印です。
この金印は、後漢の光武帝が日本に授けたと考えられています。
平安時代には、貴族に私印が認められるようになります。
現在も、藤原氏の私印が残っています。
ただ、一般庶民は、私印を使うことはありませんでした。
平安時代の末期までは、ほとんど官印が使われない時期があり、その間は花押が使われていました。
公家や領主、武士は花押を使って、一般庶民は文書に拇印や爪印を押していたのです。
戦国時代になると、武士が私印を盛んに使うようになります。
戦国武将は、権力と威厳を印で表現しようとして、印に様々な趣向がこらしたのです。
その後、次第に一般庶民にも浸透して、1873年10月1日に署名の他に実印を捺印する制度が定められたのです。
そのため、10月1日は、印章の日となっているのです。

Valuable information

塾を浜松で検討

最終更新日:2018/8/10