日本における印鑑の歴史とその種類

日本における印鑑の歴史とその種類

日本のはんこの歴史として、よく知られているものは、北九州で発見された、漢倭奴国王と刻まれた金印です。
日本では最古のものとして、認識されています。
印鑑は、政府や地方の支配者の間で、公の印として使われたことにはじまります。
平安時代頃からは、個人で判を押す習慣が定着していきます。
明治になり、公の印は法律の規定に従い、管理され使用されるようになります。
個人の印は、印鑑登録制度が導入されて、現在に至っています。
印鑑にはいくつかの種類があります。
実印、銀行印、認印、社印、社判、代表者印等があります。
実印とは、住民登録をしている市区町村に、印鑑登録をしていて、証明書を発行してもらえるためのはんこのことをいいます。
銀行印とは、銀行で口座を開設する際の書類に押すはんこのことをいいます。
認印とは、宅配便が届いた際等に押すはんこのことで、気軽に使えるものをさします。
会社では、契約書や見積書、領収書など日常業務で、押印する際に、社印を使います。
社判も会社で使用し、実印として、法務局に届け出を出しているはんことなります。
その他、代表者印も会社の実印となります。

運気をあげる印鑑とはどのようなものでしょう?

運気をあげる印鑑がほしいなら、まず材質に気をつけなければいけません。
最近はプラスチックや水晶、ステンレスなど色々な材質のものが販売されていますが、こういう珍しい材質で作られているものは、あまり運気的にはよくないとされています。
印鑑でよくある材質は象牙ですが、これはまあまあ悪くないとされています。
しかし一番いい材質は柘だと言われています。
それから、形状も大事です。
特に側面に欠けのあるものは凶相だと言われています。
ふつう安い三文判などには、どこが印の上部なのか分かりやすくするために、一部に欠けを設けていることがありますが、実はあれは印相的にはあまりよくないとされています。
まったく側面には欠けのないツルツルの状態が一番よいとされているのです。
また側面に絵が入っているのも、あまりよくないとされます。
よい印鑑を選ぶコツは、とにかくあまり奇抜な形状のものは避けることです。
それから印面の吉凶は奥が深いので専門家の方にお願いして彫ってもらうのがいいでしょう。

注目サイト

株式会社さなるを見学する

Last update:2018/9/14