意外と知らない印鑑の種類と用途

意外と知らない印鑑の種類と用途

生活の様々なシーンで大切な役割を果たす印鑑には、いくつかの種類があり、それぞれ用途が異なります。
まず実印は、住民登録をしている、市区町村の役所や役場に特定の印鑑を登録しておいて、印鑑証明の交付を受けられるもので、公正証書の作成や、不動産取引、自動車登録などに使用する重要なハンコです。
また、金融機関での預貯金の口座開設や、金銭の出納に使用する銀行印は、普通預金や郵便貯金などの金銭関係に使用するものです。
そして認印は、日常で使われる場面が多いもので、家庭での簡単な契約書や届出書、業務での確認印などに利用されています。
それから訂正印は、帳簿や伝票などに記入した誤字を訂正する時に使用するもので、訂正個所に2本線を引いて、訂正者の名前の印鑑を押印します。
通常は、5~6ミリほどの大きさの丸型や小判型が使用されています。
さらに、趣味に使われる落款印や、蔵書印という種類のものもあります。
落款印は、書や絵画、魚拓など、自分の作品であることを証明する印として捺印するもので、蔵書印とは、書物の所蔵を明らかにするために押した印影のことです。

日本での印鑑の役割について解説

欧米とは違い、日本では何かの契約時には印鑑を必要としています。
普段の生活の中でも、身近な存在としては宅配便の受け取りや回覧板などにも印鑑を利用します。
しかし、これだけ身近な存在ですが、その役割は良く知らないという人がたくさんいます。
役割について解説すると、まずは受取の証拠として宅配や書留などに使用しています。
次に、銀行などでは口座開設には必ず提示を求められます。
引き出しの際にも、本人確認の意味で押印をすることになっています。
それ以外にも、クレジットカードやさまざまな契約時には印鑑が日本では重要視されています。
本人確認の意味でもあるので、契約時にはこの押印は本人の最終的な意思表示とみなされ法的な意味もついてきます。
そのために、その重みをよく認識して大切な契約時には押印するときには、その説明を確認して納得してからすることがとても重要です。
昔も今も、日本ではサインではなく印鑑が尊重されています。

pickup

ニュージーランド留学

最終更新日:2017/8/7